稼ぎ方

風俗で稼げなくなった風俗嬢にチャットレディがオススメな理由

全世界中に猛威を振るう新型コロナウイルスによるパンデミックであらゆるお仕事に大きな影響を与えています。

緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置によって営業時間短縮やお酒の提供ができなくなるので、従来のようにまともに営業が出来なくなりました。その影響で大きく売り上げやお給料が下がったという人は多いはずです。
ナイトワークの場合も同様ですし、むしろナイトワークの業界にとってはこれらの制限は大打撃です。

女性の口コミ
女性の口コミ
ガールズバーは客足が2020年から減りなかなか戻る傾向にありません。




日本の場合は欧米諸国と違ってロックダウンがないのですが、国民性で外出は自粛すると思います。
特にナイトワークの業界である「風俗」や「キャバクラ」、「ガールズバー」などは感染した時に感染経路を言うのが恥ずかしいと思ってしまって足を運ぶ人は減っていくばかりでしょう。

女性の口コミ
女性の口コミ
もし感染してしまったら・・・感染経路を言うのは恥ずかしい



ワクチン接種も始まっていますが、日本ではワクチンの補給が足りていないなどの問題があり人の流動は戻る動きはなく、ナイトワークの業界も何時になれば従来のように働けるのか見通しが立ちません。

風俗業界が大打撃を受けているなか、ナイトワークの業界でいま一番ホットなお仕事がチャットレディです。
今回は、風俗で稼げなくなったという方に向けて風俗嬢にチャットレディがオススメな理由について詳しく解説していこうと思います!

この記事は4~5分でさらっと読めますので、ぜひ最後までお付き合い願います。

風俗業界は大打撃!収入が減った風俗嬢が続出

新型コロナウイルスによるパンデミックで風俗業界は大打撃を受けています。
ここでは風俗業界がどのように大打撃を受けたのか、そして現状と今後の見通しについて考察していきます。

始めは日本での感染も少なかったので国内での緊張感も全くなかったのですが、2021年4月に緊急事態宣言が発令されてから、風俗業界の歯車が狂い始めます。

この緊急事態宣言が発令されたことで、いろんなお店が営業時間の短縮や休業をせざるを得なくなりました。
こういった背景と外出自粛要請があり、お客さんも風俗店に足を運ぶことは減ってしまいました。

営業時間が短縮されるので、風俗店も少ない時間でしか営業できず風俗嬢も稼げる金額に限界があります。
風俗嬢は今までのように「高収入で効率良く稼げる仕事」の筆頭では無くなくなったんです。

このことから、風俗嬢の収入はどんどん減りお金稼げない状況にある風俗嬢が増えています。
お店の看板娘だったり、リピート客が多い人気嬢ではない限り、風俗で稼ぐのは厳しいでしょう。

風俗店への客足が減るのは制限だけでは無かった

風俗業界が客足が減ってしまったのは、単純な緊急事態宣言だけではありません。

やはり新型コロナウイルスに感染してしまうのではという怖さから、今までのように通っていたお店にも行かなくなったり、一番影響があったのは新型コロナウイルスに感染してしまうと「感染経路」が調査されることです。

これによって、男性としては風俗に行ったから感染してしまったなんて口が裂けても言えないわけです。
だから男性も風俗へ足を運ぶのをやめてしまいます。

風俗店は営業をするのに風俗嬢の負担が増えてしまった

風俗業界への影響は客足が減るだけではなくて、普段の営業にも影響しています。

感染対策のためにお客さんのアルコールや体温の検査も必要ですし、在籍している風俗嬢は毎日体温を測って写メに日記に載せたりする必要があります。

特に風俗は人との接触が深いですから、感染予防対策は徹底しておかなければなりません。
普段でさえ性病検査などを定期的に行うに加え、PCR検査もする必要があるので風俗嬢への負担も増えています。

もちろんPCR検査は無料ではありませんから、検査代を負担するお店も負担が増えています。

風俗業界の今後の見通し

2020年から新型コロナウイルスによって風俗業界は大きな影響を受けていますが、今後の風俗業界の見通しについても考えておく必要があります。

2021年になり日本でのファイザー・モデルナのワクチンの接種が始まっていますが、ワクチンの接種は高齢の方から順番で若い世代は優先順位が低いです。

ワクチンが摂取できたらじゃあ以前のようの元に戻るのかというとそんなことはありません。
そもそも現状はワクチンの補給が不足していますし、ワクチンを全員打てたからと言って外出自粛要請がなくなるわけではありません。

緊急事態宣言も4回目もありましたし、まん延防止等重点措置がありますので、まだまだ今のように営業が制限されることは変わりがないでしょう。

そして、一番の脅威が世間の認識です。かれこれ1年近く「外出を自粛して人との接触を避けるべき」というマインドが続いているのでワクチンを接種してもマスクの着用とソーシャルディスタンスは続きます。

世界中で新型コロナウイルスによる感染が続くようであれば、欧米諸国のようにパーティをしたりイベントをしたりする動きは日本では見られないでしょう。

ワクチンを打ったからという絶対的な安心感はありませんし、外に出て人と接触しない方が良いというマインドに変わりはありませんから、風俗に通っていた男性のお客さんもまた風俗へ足を運び始める可能性は高くは無いでしょう。

風俗嬢はチャットレディのジョブチェンジがオススメ!

上記では風俗業界が大打撃を受けていて稼げない人が増えていること、そして今後の風俗業界の見通しについて話しました。
ナイトワークで稼ぐのが難しくなっているなか、風俗嬢はチャットレディへのジョブチェンジがオススメです!


チャットレディというのはここ最近で脚光を浴びているお仕事で、WEB上で男性とチャットをしてチャット時間によって報酬を貰う新しいナイトワークのお仕事です。

チャットレディがどんなお仕事をするのか、稼ぐコツについてはこちらの記事で解説していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

チャットレディってどんなお仕事?稼ぎ方やコツについて詳しく解説します! チャットレディという業種に注目が集まっていて、会員登録している女性も増えてきています。 チャットレディは男性とのチャット...

チャットレディはアダルトパフォーマンスをするアダルトチャットレディとノンアダルトチャットレディの2種類の働き方があって働き方も自分に合った働き方ができるが魅力です。

特に風俗嬢の方は、チャットレディで働くのがオススメなんです!
その理由について詳しく解説していきます。
新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着くまでの一時的なお仕事でも良いと思います。

風俗嬢がチャットレディへのジョブチェンジがオススメな理由

・アダルトパフォーマンスに慣れていて知見と経験があるから
・常連のお客さんをチャットレディに誘う事もできる
・元風俗嬢というブランドが付く
・在宅勤務で非対面でかつ自由な時間に働くことができる

アダルトパフォーマンスに慣れていて知見と経験があるから

チャットレディにはアダルトパフォーマンスをするアダルトチャットレディという働き方があります。
簡単に言えば男性とチャットをしつつも男性に自分からアダルトパフォーマンスをしたり、男性の要求通りにエッチな動きをすることです。

このアダルトパフォーマンスは難しくて、「男性が何をしたら喜んでくれるのか」「男性はどういう言葉を書かけると喜ぶか」がコツを掴むのに時間がかかるんですよね。

風俗嬢は普段のお仕事で男性へ向けたアダルト行為に慣れていますしプロです。
風俗でお仕事をしていると、男性から「○○して欲しい///」「耳もとで○○って囁いて!」っていろんな要求をされますよね。

男性が何をしたら喜ぶか、何を言うと喜ぶかはよく知っていると思いますので、風俗嬢はチャットレディ業界で圧倒的に有利です。

女性の口コミ
女性の口コミ
たしかに風俗で働いているといろんな性癖をお持ちのお客様を相手をしますからね。



さらにアダルトパフォーマンスってほとんどの女性が嫌がるのでチャットレディの業界では、アダルトチャットレディよりノンアダルトチャットレディの方が割合が多くて競争が激しいです。

風俗嬢であれば今までの経験を生かして、アダルトチャットレディというブルーオーシャン戦略を取れば稼げること間違いなしです!

アダルトチャットレディであれば、ノンアダルトチャットレディと違ってルックスはそこまで重視されません。
むしろアダルトパフォーマンスでどれだけ男性を満足させてあげれるかが重要です。

常連のお客さんをチャットレディに誘う事もできる

風俗業界も常連客を作れるかが稼げる鍵ですよね。もちろんチャットレディでも同じです。
風俗嬢がチャットレディをするのがオススメな理由として自分の常連のお客さんもチャットレディに誘うことができるからですね!

チャットレディの常連と風俗業界の常連って少し違いがあります。
チャットレディの場合は常連といっても、半年も経てば飽きてしまって他のチャットレディへ移ってしまいます。
チャットレディの業界はそれくらい男性客の流動性が高いのでリピート客を手に入れるのが難しいです。

しかし、風俗業界の常連って人によっては基本的にとても長いですよね。風俗には本指名っていう指名制度がありますからね。人によっては週に2,3回も風俗嬢に会いに来たりしまし、2日に1回は来る人もいます。
孤独を感じている男性にとっていつも話を聞いてくれて体を交えれる相手って重宝するんです。

風俗嬢はこういった強い常連客を持っていますから、チャットレディをしてチャットレディのお客さんとしても誘う事ができるのは最大の強みだと思います。

元風俗嬢というブランドが付く


元風俗嬢という肩書はナイトワークの業界ではブランド力があります。元AV女優とか元風俗嬢というブランドは男性客を集めるのに効果的ですし、それはチャットレディにも当てはまるんです。
チャットレディでも元ソープ嬢とか元AV女優の女の子は男性人気が高くて接続率が高くなります。

これは男性側としても、ナイトワークの業界で働いている経験があればこの子は誠実的な対応やサービスが期待できると思ってくれるからですね。

在宅勤務で非対面でかつ自由な時間に働くことができる

チャットレディは2種類の勤務体系があって、通勤型と在宅型で働くことができます。

在宅型の場合は完全に道具を揃えてしまえば、お家で人と接することなくお仕事をすることができます。
チャットレディの通勤型、在宅型の特徴やメリットについてはこちらの記事でまとめていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

チャットレディは在宅で稼げる仕事なの?チャットレディは在宅でも稼げるのか在宅チャットレディが注意すべきことをまとめてみました! チャットレディというお仕事に興味を持った方で「チャットレディは在宅で稼げるの?」「在宅チャットレディはどんなことに注意したらいい?」と...



風俗の場合は男性のお客さんの接触がありますし、キスなどをするのでかなり感染リスクが高いです。
しかし、チャットレディの場合はインターネット上で男性とチャットをするので感染リスクがほぼありません。

さらにチャットレディのサイトは基本24時間365日サービスが稼働しています。
なので好きな時間にライブ配信をすることができて、時間的な自由度が高いので好きな時、好きな時間に働くことができるのがチャットレディの魅力です。

まとめ


・新型コロナによるパンデミックで風俗業界は大打撃を受けて稼げなくなった風俗嬢が増えています。ワクチン接種をしていても今までのように人の流れが戻るとは限らず風俗業界も見通しが立ちません。
・風俗嬢はチャットレディのジョブチェンジがオススメです。風俗業界で働いていればアダルトパフォーマンスに慣れていると思いますのでチャットレディの業界でも男性客から引く手あまただと思います。

今回は、「風俗業界が大打撃を受けていて稼げなくなった風俗嬢が増えている」現状の解説と、「風俗嬢はチャットレディへジョブチェンジがオススメ」という話をさせていただきました。

新型コロナによるパンデミックはあらゆる業界のお仕事に影響を与えていて、今後の働き方を根本的に考えさせられるトリガーとなりました。

これまで店舗を構え男性と対面してサービスをしてきたナイトワークの業界も従来のようなビジネスモデルでは稼げない状況になってきました。

チャットレディはインターネットとナイトワークが掛け合わさった新しい働き方ではないでしょうか。
在宅で働くことができるので住む地域を選ばずに日本国内でどこに住んでいてもライブ配信をすることができます。

この記事がこれからチャットレディを始めたいという方に参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。